Jul 20, 2019

*Water saving cap*Plastic bag holder and closure
カワイイ便利キャップ

 リッジクレストにはwikiHowを介して知り合ったフレンドがいます。
地震の後、給水の問題があるようで、
いつもSNSの投稿を心配しながら観ています。

日常から様々な工夫を楽しみながら習慣にしたいなと思いました。

Multipurpose Replacement cap

 あまり何も考えずにキャップをデコレーションしたものです。

でも、キャップ自体は多用途に便利です。
  • キャップの内側にはポリ袋を詰めておきます。
    ドギーバッグにしたり、ゴミを入れたり、何かの時に重宝です。
  • キャップは、その薄い袋のクロージャーにもなります。
  • 1mm程度の小さな穴をあけてあるので、
    汚れを落とす時などには勢いのある細い水を出すことが出来て
    災害時にも節水にも役立ちます。


ポリ袋を詰めてバッグにポンを入れておくタイプです。

元のロゴデザインのままでも、
ボールチェーンを付けて
カラフルにいくつか一緒にすると音も楽しめます。

元のプリントやロゴを活かしてデコレーションしました。



Jul 15, 2019

Lost bill and family emergency plan card
迷子札とFEPカード

 20年近く前にあった子どものためのサイエンスWebで、
シンボルキャラクターのONSENくんが科学の視点を持って世界を旅する
というプロジェクトがありました。
ONSENくん独りではタイミングよく旅に出られないので、
新しい2匹のキャラクターも加わったことが書いてあります。
※手紙の畳み方はパラボラアンテナなどに使われている
 「ミウラ折り」をアレンジした片手でスナップすると開く折り方です。

バッグの中身は、
ミウラ折りの手紙、迷子札とお守
サイトの編集に協力しているメンバーは日本各地や海外にもいるので、
そこにホームステイさせて貰って、
キャラクターになったつもりでレポートを送って貰っていました。
遠くはボストンにも行きましたよ。

写真の黄色いONSENくんは無事手元に戻って来ましたが、
フレンドキャラクターの犬と猫はホームステイ先で火事に遭い、
二度と戻ってくることは叶いませんでした。
サイトのイラストを担当しているメンバー宅の火事でもあり、
プロジェクトは挫折してしまいました...。


 FEPカードは家族防災計画( family emergency plan)カードのことですが...
この迷子札は、数年後に神社のお守りに盛り込んだ防災カードの発想になり、
最近ワークショップなどで作っている災害時の緊急連絡カードへと
つながっているのだと感じています。

It’s almost Tanabata
もうすぐ七夕

 これを上げようと思っていたところに
地震のニュースが次々と入って忘れていました。
七夕は終わってしまいましたが...

 

 アメリカの独立記念日に前後して地震が起きるなんて...
https://www.bbc.com/japanese/48878479

うちは母の具合が悪くて、昨夜も今朝も続けて総合病院へ。

七夕祭りの日が近いので、病院では笹飾りと短冊が
待合ロビーのテーブルに用意してありました。

災害も、事故も、病気も...
様々な災難にも無事で、元気に長生き出来ますように
長寿にぴったりのストローエビを添えた短冊にしました。




Jun 30, 2019

364 Cafe 2
364 カフェ(2)

 不思議の国のアリスの
「なんでもない日のお茶会」はご存知ですね?

私は0次を何でもない日=ピースタイムと訳しました。

海外ではピースタイムは主に戦時ではない平時のことをさしますが、
日本では災害のない平常時のことだと実感しています。
今のところ戦争はありませんが、
災害という敵と毎日日本のどこかで戦っているように思います。
一年365日ピースタイムを望みますが、
マイナス1日の364日にしたのは、
必ず起きる災害を忘れないためです。

海洋堂のフィギュア



昔から不思議の国のアリスは大好きで、
海洋堂のフィギュアも娘と集めていました。
今回イベントのポスターに
100年以上前の原画を使わせて戴くことにしました。

364 Cafe
364 カフェ(1)


 今年の夏休み中の8月4日(日)に、
コミュニティーホールや図書館のある大正会館では、
「たいしょうみんなのショータイム」
「サマー愛ランド」が併催に決まりました。

昨年せっかく「よ~いドン!」のとなりの人間国宝さんに、
出展準備中のブースを取材してもらったのに、
サマー愛ランドのイベント当日は台風の余波で
イベント開始時間も遅くなり、開店休業に近い状態でした。

今年はどうしようかと迷っていたところ、
まだ同じエリアに空きがあるということでお誘いいただいて
もう一度体験カフェの出展を決めました。

昨年春のたいしょう愛ランドで、
プラスチックxダンスのファッションショーのモデルで協力して下さった
フラダンスやHIP-HOPのグループがホールで演じるので、
いつもはワークショップは階が違って顔を合わせる余裕もありませんが、
今回は併催で同じ階に出展出来て、覗けるかなと楽しみです。