Nov 18, 2012

ストローとストローアートの関係
Relationship between StrawartS and plastic straws.


【ストロー】は、飲料を飲む道具として製造されているので、食物に準ずる安全性が大切です。
【ストローアート】は、カクテルデコレーションなど、食に近い位置で使われる応用アートもありますが、見たり触ったりして楽しむのが基本の身近なアートです。

 最近ストローは、飲用だけでなく医療や工業的にも活用されるようになっています。
ストローアートも、これこそ本来の目的とは違うアート表現の素材という使い方をしています。
既存の素材であるストローを、作り手の創意で工夫して表現するのが、逆に醍醐味とも言えるものだと思います。
そういう意味で、直接的な品質目標を持つ、「飲料メーカーとドリンク」や「カメラメーカーと写真」などとも少し異なる関係です。
使用目的が違うために欲しいものがなかなか手に入らない制約はありますが、素材を作る側であるメーカーに意図されない独自の感性で表現できる自由があるものだということも出来ます。