Aug 13, 2017

"Plastic × Art 2017
プラスチック×アート 2017

 この秋開催するイベントの正式なお知らせです。

 PETフラワーは誕生して18年目になります。

台湾の国立科学工藝博物館でも、アクティ大阪での個展も、回廊展示でした。
日常の小さなものをアートするニッチな作家です。
今回のプラスチックxアートも、教室ではなく回廊でワークショップをします。
http://www.sci-museum.jp/event/

岳川有紀子ブログ
大阪市立科学館 学芸員ツイッター

Aug 11, 2017

Peppermint Green Flower Pot and Straw peg
ペパーミントグリーンのフラワーポットとストローペグ


 
ブリーチのボトルでフラワーポットを作りました。

ラベルを剥がすと、私にとっては、アメリカの家によくあるペイントカラーのイメージのペパーミントグリーンが綺麗です。
二部式なので水はけも出来て、
柔らかいので植え替えもしやすいです。

苺のランナー今では3本に増え、
1レーンに3-4個ペギングをするので
ポットが沢山要りそうでだからです。


下は、ソーサーが割れてしまったカップに、
オレンジーナのペットボトルをカットして作った花瓶です。

 

Jul 13, 2017

Workshop on Japanese Cartesian Diver for Kids
子どものための日本発の浮沈子工作ワークショップ


 8月は久し振りにイベントに出展します。
日本科学未来館の館長毛利さんのサイエンス賞を戴いた浮沈子を、
その後作りやすくアレンジしたオリジナルの浮沈子を作ります。
浮沈子は小さなものですが、科学的にも歴史的にも、とても奥が深いオモチャです。
海外ではあまり見かけない、日本で発展して出来た独自の綺麗な浮沈子を
是非作りに来てください。
11時・13時・15時の各回6組限定です。





Jun 27, 2017

This year's "Plastic × Art"
今年の「プラスチック×アート」

 久し振りのポストになりました。
今年は18年目になるPETフラワーがアートのテーマです。
カバーは科学工作のPETフラワーがPET'al-Artになるきっかけとなった作品を

久し振りに、気持ちを新たに作りました。
PETフラワーの中でも熱のコントロールが難しい作品です。
2002年に日本ヴォーグ社の編集者にこの最初の作品を見て戴いたことがきっかけで作家になりました。


 また展示とワークショップの詳細が決まりましたらお知らせします。





May 7, 2017

with NSTM's mugcup
台湾国立科学工藝博物館のマグで


 今年のゴールデンウィークも終わりました
数年前から旅行とは縁が無くなり、病院に縁があります。(私自身ではなく)
何れにしても、疲れますよね。
食器棚の奥のマグカップに目が留まり、コーヒーを淹れて休憩。
台湾高雄の国立科学工藝博物館のプラスチックアイデアクラフトの特展も、
もう10年も前のことなんですね...。

今年は苺もまだ実が熟しません。
面倒を見ている人が入院していると、
花粉症の私では手入れが行き届かないせいもあるのでしょうか。
花粉がやっと終息すると思ったら、昨日から黄砂がやってきました。

秋は、また今年も大阪市立科学館で展示とワークショップの予定です。
気持ちを切り替えて頑張らなければ!