Aug 26, 2015

Care Apron made from Plastic bag
レジ袋で作る使い捨て介護エプロン


  レジ袋は水中花パラシュートだけでなく、最近はこんなものに変身しています。


作り方
  1. 袋の底近くにこぼれたものが溜まるようにラインを切ります。
  2. そのラインの両端の延長線を緩やかなカーブを描いて後ろのハンドルに繋げて切ります。
  3. ハンドルはリボンのように切り取ります。
  4. 結ぶと出来上がり。 ☆印は襟の内側に折りこんで着用します。



Aug 19, 2015

Imitation Glass Tableware
イミテーションのガラス食器



 この夏はもずく三杯酢を毎日食べるのが習慣になっています。
トマトやオクラや山芋に掛けて食べています。
以前、PS(ポリスチレン)のコンビニ弁当の蓋などで、イミテーションの絵付けガラスプレートを作りましたが、
これはPP(ポリプロピレン)版のイミテーションガラス器です。

母の食事は、本人も手の力が弱くなって陶器の食器は重いのと、
病院のようにお盆に載せて運ぶのが重いのでプラスチックの食器を使っています。
シリコンカップもカラフルで重宝しているのですが、夏はガラス器風のカップが涼しそうです。
小さな器なので、薬味やお漬物・梅干し、タレ類などを入れています。

Aug 14, 2015

Brush your teeth
歯を磨きましょう


 ジジが歯を磨いています。
本当は、娘が忘れて行った歯ブラシをフェイスブラシにしているのですが...


歯ブラシを科学する 1 2 3 4
http://www.ajbia.or.jp/dentalcarescience.html





プラレンジャーの隊長ピレン少佐


Aug 6, 2015

Witty ideas
機転を利かせて


 今は普通食の母ですが、夏風邪もあって咳でむせてしまったこともあって、
いずれは考えなくてはいけないので、お料理(嚥下食)と器を考えています。
以前から、陶器の器は重く食事を運ぶのが大変で、シリコンカップやプラスチックの食器を活用していますが、
夏はガラスの涼しそうな食器が使いたいと思います。
健康な人でも猛暑に食欲がなくなっている時なので尚更です。

 そこでPP(ポリプロピレン)で写真右の小鉢を自作しました。
右は本物のガラスですが、同じように切りっ放しではなく口部強化(縁)を施しました。
最近の食品容器の中には、とても透明感があるプラスチックが出て来ました。
PPはストローと同じ素材なので、扱いやすいです。
ガラスと比べていいところは、割れない・軽い・片口型(陶工房より)に変形させられる点です。

 もう一つ、隣のキャットミントが挿してある高分子吸収ゼリーは、
猫が穴を開けてしまった未使用オムツの中にあった粉です。
昔、「紙コップに水を入れて、逆さにしてももこぼれない」という科学マジックで使っていたあの粉と同じです。
ただ捨てるのは勿体ないですものね。





Aug 5, 2015

There is color of my mind here
ココイロ

 私の心は、
プラレンジャーのことや、これまで使って来なかったプラスチック素材でものづくりを考えることなど、
今プラスチックのことが多くを占めています。

 「ココイロ」 まちにそまる まちをそめる ココロのいろ  という番組
    http://asahi.co.jp/kokoiro/index.html

ちょうど、大阪や地元のことを考えなくてはいけない課題を戴いているので、
ココ:此処 というのも符合しているように感じます。

8月7日金曜日(も)観てくださいね。
http://asahi.co.jp/kokoiro/backnumber/20150803.html