Sep 16, 2017

Science Museum event flyers & Plastic bottles
イベントのチラシとペットボトル







 10月のワークショップが掲載されたフライヤーが届きました。
8月末に肋骨の圧迫骨折した私の収集作業を軽減するため岳川さんが送って下さった500mlのPETボトル数十本。その箱に入っていました。
 骨折は3週間経過して、時間薬で随分良くなりました。





ワークショップ
プラスチックxアート2017
http://kitchenplasticarts.blogspot.jp/2017/08/plastic-art-2017-2017.html 

Sep 13, 2017

Condiment Portion Pack
キャップで調味料パック

 私は職場にお弁当を持って行く生活ではありませんし、
我が子にお弁当を作ったのも遠い昔のことですが、
近くの公園に母を連れて行き、そこでランチをすることがあります。
介護に手を取られるので、完璧に全部手作りとはなかなか難しいので、
スーパーのお惣菜なども利用して気軽に戸外で楽しみます。

マヨネーズのパックも買い置きしたりしていますが、
そう使うものではないし、期限切れになることもありました。

100円ショップでお洒落なタレ瓶を見つけて買いましたが、
使い捨てするには勿体ないので、洗おうとすると面倒。
何か良いアイデアは無いかな?と思っていました。

 そこで、昨日のキャップを使ってみました。
ふりかけ などにも良いと思いますよ。


カラフルに色分けして楽しみましょう。
 




Sep 11, 2017

My cap collection 2017
キャップコレクション2017


 ついつい色々集めてしまうのが悪い癖(?)

7月の半ばにこんなアイデア記事を観ました。

なんと3番目には
私がwikiHowに紹介したストローのアイデアを取り上げて貰っていますが、
2つ目のキャップのクロージャーに嵌ってしまいました。

 下の写真は、チアシードを携帯する時に活用しているものですが、
ポリエチレンの食品保存袋なら、もっと余裕で締めることが出来ます。

 その後、こんなふうにポリ袋をキャップに押し込んでおき、
バッグにポンと1個入れておけば、何かの時に役立つこともわかって実践しています。

 気が付けば夏の間にカラフルなキャップが貯まってしまったというわけです。


Sep 3, 2017

Straw-raptor and Strawberry
ストローラプトルとストロベリー


100%PP-raptor(100%ポリプロピレンのストローラプトル)
というのは動眼ではなく目もシンプルにストローと同じプラスチック:PPにしたからです。

過去2年は花粉症もあって放置状態で勝手に2株に増えていた苺を、
今年の春からは意識して育ててみると、
ランナーと呼ぶ芽がストローのように伸びて株が増えていくことを知りました。
今10倍くらいになっています。
ストロベリー(Strawberry)って、そういう育ち方で付いた名前かもしれませんね?!


Aug 27, 2017

Genealogy of "Taikooka"
「太空花」の系譜


 PETフラワーは、この秋で考案して18年目になりますが、
台湾に渡って「太空花」と命名されてから16年になります。

 ちょうど今頃、このお二人のお父様が、
東京の科学技術館での青少年のための科学の祭典全国大会に出展していたPETフラワーを気に入って、その後間もなく私の自宅に訪ねて来られました。
そして、秋に台湾で講習会を開くことになったのです。
その時に中国語で命名して戴いた「太空花」は、
あのSMAPの曲より前に「宇宙でたったひとつの花」という意味で名付けられたそうです。

 ストローアートを旗津夜市で知ったのもその時でした。

 来日の度に家を訪ねて下さっていた命名者のお父様は他界されましたが、
息子さんや娘さんとの交流は今でも続いています。
久し振りにお話して、16年目の夏を懐かしく思い出しています。