Jan 9, 2015

Ambiguity of Japanese culture
日本文化の曖昧性

 自分が日本人であるからこそ日本人を客観視するのは難しいことだと思いますが...。

 総称で、Plastic bagという欧米。
漠然としたプラスチック全体のイメージに繋がっているように感じます。

 細分化して、ポリ袋・ビニール袋・ナイロン袋・レジ袋・・・という日本。
間違って呼ばれた時は、間違ったイメージも細分化されるのではと思いました。

 日本人論で中空構造と言われているので、向かい側にある正反対のモノとも輪で繋がっていて、
ストローで吸うように、何かを速いスピードで吸収する時は内面全てがそれに触れ感化されるのかもしれません。
 私はストローという中空素材を扱っているので気になりました。



  •  水中花がトップに登場するとは驚き。
ナイロン袋 Nylon bag
  •  タイトルを迷って「レジ袋水中花」にしたからか結構上に登場。
レジ袋 Plastic shopping bag
  •  まさか、否やっぱり?ビニール袋でも登場。
ビニール袋 Plastic bag
  •  ポリ袋でも登場してほっとする。(笑)
ポリ袋 Poly bag
  •  英語表記だとここ。バッククリップも登場。
Plastic bag =====
  •  水中花が上位から姿を消す。代わりにレジ袋パラシュートのストロー部品が登場。
purasuchikkubaggu Plastic bag

※広範囲に使用される言葉なので「+英語(という日本語)にして範囲を狭めて画像検索した結果です。


No comments: