Dec 18, 2010

The kitchen laboratory


 寒くなりましたね。師走で忙しいこともあって、放りこんで煮込めば出来るおでんをよく作る時期かもしれません。
「キッチンは実験室」だといつも思っているのですが・・・(ラボのメンバーである家族は時々大変だとは思いますが)
 おでんが煮崩れて、汁もたくさん残っているし、もったいないな・・・と思って、
まずは、ほんの少し煮汁を取り分けて牛乳を入れてみたら「ん?いいかも」というわけで、
「残りモノおでんのリメイクスープ」が出来ました。
少し食べ飽きたのでダメ元なので、煮崩れに追い打ちをかけてさらにもう少し煮てからミキサーにかけてお鍋に戻して牛乳を加えます。コショウや、和風に柚子コショウで味を調えます。パセリやパルメザンチーズもお好みで掛けてもいいと思います。
元々竹輪や天ぷら(さつま揚げ)など練りものが入っているので澱粉成分は含まれているのですが、もしとろみを増したい場合は、手軽にお餅を少量投入して溶かしてしまってもいいと思います。






昨日はUSDAでしたが、今日は日本の小さな研究所です。
長野電波技術研究所農業 環境 食糧 余剰
「キンジョーの薬草ハーブ日和」http://www.i-apple.jp/medicinal/



No comments: