Jul 30, 2010

ヘブンアーティスト

 私はパフォーマーではないので、それを求めているような依頼が来て困惑することがあります。
恥ずかしがり屋ですからその手のものは向いていないと思います。とくにこの1年くらいは気が乗らず、数件のTV出演依頼をお断りし続けていました。
講習は、新しい工夫などを、執筆と違って3次元で伝えられることや、リアルタイムの双方向性で様々な気付きがあるので好きですが、根本的には自己表現は作品や文章を通してするタイプなのです。人はそれぞれに合う表現法があると思います。


 先日東京都のヘブンアーティストまなびやさんから、私のデザインしたストローの回転浮沈子をパフォーマンスに使いたいとご連絡を戴きました。数年前に日本科学未来館館長賞を戴いたアイディアで、多くの方に活用して戴くことが使命だと思います。したがって勝手に使って戴いていいのですが、やはり丁寧にご連絡下さると嬉しいものです。
それに、交流があると、感想が聞けたり、アレンジを知ったり、コツを伝えたり・・・と、情報交換して双方に学べるチャンスがあるとも思います。


 私が都民だったのは、もう30年近く前のことで、 ヘブンアーティスト」というのはこの件で初めて知りました。
8月19-22日、水の科学館で活動されるそうですが、噂に聞くととても楽しそうなのです。
ちょうど明日から、私も工作ブースで何度か出展させて戴いた青少年のための科学の祭典 全国大会が開催されますが、私が今このようなものづくりの活動をしているのも、十数年前に京都で開催された科学の祭典で楽しいサイエンスショーや科学工作を見たのがきっかけです。もし私も東京滞在中に時間が出来たら、水の科学館に行って久し振りにあの雰囲気を生で味わってみたいなと思いました。



 よく私のチャンネルで「何という曲ですか?」と、外国の方から質問されますので書いておこうと思いますが、このBGMは1996年-2002年にかけてアメリカABCテレビで放送されたヒットコメディ番組「スピン・シティ SPIN CITY 」同名タイトルをオーディオスワップしました。
 時々、展示した時のガラス器だとか作品自体ではないものを褒めていただくこともありますが、それもトータルアートとして、コーディネートを褒めていただいたので嬉しいと思っています。
私のキッチンアート(プラスチックデイリーアート)はambient art だと考えています。

No comments: