Jun 29, 2009

水中花の変化


 室温が上がったことと、水中の空気が抜けてしまったこと、花の芯に残っていた空気も出て行ったことで、上の花が沈んで来ました。向きは選びますが、なかなかいい感じです。
 水道水を入れた直後は、目には見えない細かい気泡が水中に含まれていますが、しだいに気泡同士が集まって大きくなって浮上して、水中の空気が抜けて行きます。
その途中で花弁の先の方に気泡がくっついて留まり、ピンと引っ張り伸ばした格好の威勢のいい花になっていたのですが、それを振り払って3日目の今日の写真です。

 こんなふうにペットボトルの中で回ると奇麗でしょうに・・・。なかなか浮沈子のようにはいきません。
こんなに表情を変えて楽しませてくれたのに贅沢ですよね・・・。


 以前浮沈子に凝っている時にもこれと同じような体験をしました。
ITCキッズの記事にしてありましたので見て下さい。
「ガリレオ温度計」と呼ばれるインテリアの置き物も少し似ていますね。

No comments: