May 17, 2018

Twilight diver
黄昏のダイバー


 夏休みの工作教室の広報に使う画像を撮っていたらこうなりました。
これは広報には使いませんが、雰囲気がいいので。

このスピン・ロケット・ダイバー(spin rcoket cartesian diver)は日本独自のタレ瓶のお蔭です。
海外の調味料パック(Condiment pack)の浮沈子を観たことがありますが、
デザインは素敵ですが、私は浮沈子はタレ瓶が気に入っています。
https://www.seriouseats.com/2008/03/the-condiment-packet-gallery.html

でもそれは、PETボトルが誕生したおかげだといつも思います。
いろんな感性とアイデアが交流して新しいものが出来て行くことは楽しいですね。


1 comment:

minako nighot said...

日本では、火器を使えない工作教室が多くあります。
点火棒式ライターが使えません。
そのためにストローの浮沈子が出来なくて、これが誕生しました。