Jan 4, 2016

From public offering haiku of "plastic" Karuta 2
プラスチックかるた公募受賞句より(2)

◆ありがとう 食品トレイも プラスチック

最近は昔と違って「お一人様」スタイルの商品も多くなりました。
本物に越したことはありませんが、漆器というのは手入れが大変です。
お節料理も蒔絵の漆器のようなプリントのトレイに入っていたりしてお正月気分が味わえ、
普段だとお寿司や松華堂風お弁当など、目から味わう和食の感性はまだ健在かもしれません。
そう思うと「ありがとう」と言いたくなります。



◆i-phoneも 樹脂がなければ 妄想品

スマホに限らず、IT周辺機器からプラスチックを除けば何が残るでしょう?
プラスチックが環境破壊の元凶のような記事が、
プラスチックが貢献して作り出している情報技術で配信されているのを見ると、
いつも助けてくれている友達のスマホを借りて、
その友達の悪口を投稿しているように喩えて観えてしまいます。
陰口ではなく、本人に忠告して、一緒に助け合いながら解決するのが本当の友人なのに...。



◆あの時の リサイクルゴミ 今の服

一番よく目にする化学繊維である「ポリエステル」という名は、元は樹脂の名前でした。
今は一般的には繊維はポリエステル、樹脂はポリエチレンと使い分けられることが多いですが、
溶かしてしまえば同じ種類のプラスチックです。
つまりプラスチックは布(糸)にも板やシートにと変幻自在に新しい一生をスタート出来ます。
「人生やり直したい」と思う人には、とても羨ましい存在です。





















プラスチックと句 LINK
      

No comments: