Jan 3, 2016

From public offering haiku of "plastic" Karuta
プラスチックかるた公募受賞句より

 いい樹脂の日に募集されていたプラスチックかるたの句に選ばれたものを拝見して私の雑感を書きました。

◆ラーメンや 熱湯三分 ポリスチレン

カップヌードルが登場したのは私の学生時代でした。
私が実際に見たのは、あの明石家さんまの存在を知った「ヤングオー!オー!」という
TV番組の公開録画でのことだったと記憶しています。

ポリスチレンを膨らませると、よく知っている発泡スチロールになります。
逆に熱で縮めるプラ版工作では、私もアクセサリーを作ったりしています。
以前はほぼ全てのコンビニ弁当のふたでその代用が出来たのですが、
最近は素材が多様化してきているので、見分ける必要がありますね。



◆高いのよ 神戸牛より そのプラは

プラスチックは約100種類もあるので、そのプラとはどのプラなのかはわかりませんが、
ピレン少佐も言っているように、例えばこんなに幅広く活用されています。
プラレンジャーは5大汎用樹脂のキャラクターですが、日常身近なプラスチックだけでももっと色々あります。
その他に、エンプラ(エンジニアリングプラスチック)スーパーエンプラというものがあり、
きっとそれがイメージの句なのでしょう。

プラスチックと句 LINK
      

No comments: