Jul 1, 2012

102年前の航跡



 今年も半分過ぎ7月になりました。
片づけをしていて、明治43年3月15日横須賀港を発ち、新嘉坡(シンガポールってよむんですね)・・・7月2日にはセントウィンセント、10月30日に帰港するまでの軍医だった祖父の航跡を記したものをみつけました。
 前のページにある寄港地は、ポートルイス(モーリシャス)、ケープタウン、バイアブランカ、リオデジャネイロ。南アフリカからアルゼンチン・・・そして、明日がセントビンセント。地図を見るとセントルシアのすぐ南の島だということがわかりました。昨日のリレーエッセイの翻訳をしてくれたのがセントルシアの先生方でした。

http://kitchenplasticarts.blogspot.jp/2010/12/st-lucia-day.html
http://www.geocities.jp/itconsenkids/travel/relay/difference-e.html
 
 この後、英国などに寄港して別のルートで日本に戻ってきたのですね。
 102年前はどんな夏だったのでしょう・・・