Apr 30, 2010

食事いろいろ・スプーンいろいろ


 写真のストローは、赤いのがアシアナ航空のティースプーン。半透明の方がケータリンクランチのスープのスプーンです。スープは少しトウガラシの入った薄いお味噌汁とお澄ましの中間のような感じでした。おかずは左の写真です。黒く見える薄味の海苔の佃煮が美味しく珍しかったです。ご飯は艶があって美味しいと思いました。
 韓国は必ず汁物が出るのと、食器はテーブルに置いたまま持たないのがマナーなので、お箸の他にスプーンをよく使います。角度が使いやすくしてあるのに気付きました。素材はPP(ポリプロピレン)でストローと同じプラスチックです。アシアナ航空のティースプーンはPS(ポリスチレン)でした。
 これは韓国のケンタッキーフライドチキン。右端にあるアイスクリームのような容器がコールスローで、そのスプーンが紙で出来ています。お客さんが持つところを折って使用します。
韓国のコールスローは日本と違って甘いので、私の口には合いませんでした。チキンの味付けもブイヨン味が薄く感じました。
 これは一般家庭でご馳走になった朝食です。
オイキムチと白菜のキムチ・アサリ入りわかめスープ・焼きビーフン・チヂミ風卵焼き・プルコギとサンチュ・パプリカ・餅・海苔、そして五穀胚芽米ごはん。
 亀甲船見学を希望していた私のことを意識して下さったのか、亀のデザインのお箸とスプーンを添えて下さいました。
ストローアートにはティースプーンを使いますが、講習の時に「スッカラ」と言おうとしたら、ティースプーンはそのまま日本と同じ言い方で「スプーン」、食事に使うこのような匙は「スッカラ」と言うと教えてもらいました。ちなみに箸は「チョッカラ」と言います。

No comments: