Oct 5, 2009

フルーツの包装








ストローのビーズスコップ兼ストッカー英語記事で、栓にする素材の調達で一騒動。
私の使ったものは韓国では児童の工作材料として販売されている素材ですが、日本では一般的用途は建築・土木用、シーラントバックアップ材として使われています。「応力偏在」という特徴が栓にも適しているのです。
DIYはアメリカからのものなので、調達が容易なのだろうと思って使ったのですが、意外になかなか手に入らなさそうで、代替品を提案しようということになり、キッチンで使うスポンジや写真の果物ネットフォームを紹介しました。









 ところが食器洗いのスポンジは素材が多様で穴の開き難いこともあるようですし、果物のパッケージは地域によってずいぶん違うことを知りました。台湾では釈迦頭もこの包装だったのですが、カリフォルニアでは「アジアの果物を売っている店で梨が入っていたのを買ったことがある」と共著者が言うのですから一般的には馴染みが薄いようです。欧米では店先に裸で売られていて、買うとポリや紙の袋などに入れてくれるような感じなのだと思います。



フルーツ袋
フルーツトレ―
イタリア
オランダ
中国



 How to Store Seed Beads in Plastic Straws

No comments: